引っ越し…意外に多い?秋の不用品は出張買取で現金ゲット

新生活といえば春ですが、意外に多いのが秋スタートの生活スタイルの変化です。

まず身近な変化は、衣替えですね。
暑い夏はTシャツや短パンなど、洗濯しても乾きやすく、お手入れしやすいものが多いため、春から夏の転換にはあまり苦労しないのですが、夏から秋への転換というのは、夏場に温かい室温のクローゼットなどで倍増した、洗濯で落としきれなかった皮脂汚れなどによる臭いや虫食いで思わぬ損失に見舞われることもあります・・・
そしてさらに秋と言えば、ファッションの秋!
去年モノを衣替えで出してみたら、今年の流行にちょっと合わない、せっかく頂いたブランド品だけど、自分の好みに合わないものが出てきたなど、まだまだ着られるのに捨てるにはもったいない。そんなものもありませんか?
また、思いがけない生活スタイルの変化の例に、社会人では転勤や、場合によってはそれによる単身赴任でたくさんの荷物を持っていけないために、あえなく手放さなければならない、そんなものもあるのではないでしょうか。

そんな秋のライフスタイルの変化に活用できる、オトクな処分術についてお話します!!

▼これからも「必要」「不要」「どちらか決められない」の3つに分ける

秋は気温差も激しく、季節が一気に進む日もあれば、夏に逆戻りかのような暑さが続く時期もあります。
ですから、衣替えについては、ここぞ!というタイミングで進めざる負えませんし、引っ越しの場合は秋雨前線に邪魔されないお天気のいい日に整理したいものですね。
そんなスピード重視のときは、空いている段ボール、または45Lなど大きめのポリ袋などの入れ物を3つ用意します。
そして、整理したいものを単純に「どうしても必要」なもの、「不要」なもの、「どちらとも決めることが出来ない」迷っているものと、簡単にポンポンと入れて分類していきます。
そのうち、「不要」なものは、さらに「使用出来るもの」「使用出来ないもの」のふたつに分けていきます。
次に、「どちらとも決めることが出来ない」ものについて、「この1年で使用したもの」「この1年で使用していないもの」に分け、1年で使用していないものを潔く「不要」に入れてまだ使用できるか、出来ないかでさらに分けていきます。

ここで、「不要」かつ「使用出来ないもの」は思い切ってゴミ類としてまとめ、「不要」であるが「使用出来るもの」・・・これが、今回の主役です!

▼使える不用品は「資源」である

次は、この主役が大活躍する処分術についてです。
不用品が主役?不思議に思うでしょうが、世の中には持ち主が不要でも、必要とするひとはたくさんいます。例えば、雪の多い北国から雪の降らない南の島に引っ越すとしましょう。方や、スキー板が大活躍しても、一方では不用品です。
捨てる者あれば拾う者あり、それをその言葉の意のままに活用できる方法こそが

「買い取り店」

へ、引き取ってもらうことです。
本やゲームなどの買取店はむかしから数多くありますが、今や買取業者の品目は多岐にわたります。
ブランドアイテム、服などのアパレル系もちろん、電化製品、家具、楽器、酒類、おもちゃといった需要がピンポイントに特化したお店もあるようです。

例えば、上記で出てきた「不要」で「使用出来るもの」をただそのまま廃棄するとなると、衣服のようなゴミ袋に入るサイズなら通常のゴミ収集車で引き取ってくれます。
ですが、家電や家具はどうでしょう。大きいために、ゴミ焼却場に個人で搬入するのはなかなかの労力ですし、中にはリサイクル対象のもので追加料金が予想より多くかかるケースもあります。また、行政が管理するゴミ処理施設が引き取りに来てくれる場合もありますが引き取り出張費は有料な場合もあり、そしてまとめた不要物の重さで処理費用が決まるため、小さいけれど重い・・・例えば炊飯器や空気清浄機などは見た目以上に費用が嵩張ることも否定できませんね。

実は私も以前、行政の処理施設に搬入したことがあります。しかし、その当時その施設では、分別が困難な廃棄処理物は受け付けておらず、民間の廃棄物処理業者を紹介されました。一度で済むと思っていた搬入が、まずは処理できるものだけそこで引き渡したあと、同時に金属とウレタンに分別出来ないマットレスを持ち込んだことで隣町の業者まで再び移動することとなり、以降のスケジュールがくるってしまうという残念な思いをしたことがあります。

そんな苦労をさせないのが「不用品の出張買取 リサイクルショップ」の利用なのです!
次は、その一般的な利用方法と注意点をご紹介します。

▼電話一本で解決!あなたの不要になった「資源」は?

その利用方法として一般的には、電話予約があります。
たまに業者側から買い取りますよ!とお宅訪問や電話セールスがあることがありますが、あまりおススメ出来ません。中には、無料と謳いながら手数料や処理費用などと理由を付け、追加料金を迫る場合もありますし、引き取ったものから換金できる部分だけを取り除き、不必要な部分だけ不法投棄し、そこにあなたの個人情報が記載されたものがあった場合は罪を疑われるなんて事例もあるようです。
キチンとこちらからのアプローチで利用できるサービスを活用しましょう。

出張買取日が決まったら、その予約した業者の取り扱いしているものをまとめておきましょう。
先にご紹介したとおり、買取品目が多岐にわたる反面、店舗または業者により買取可能、不可なものもある場合があります。事前にリサーチするか、確認しておくとよいでしょう。

また、汚れや劣化がヒドイ場合も買い取り対象外なケースがあります。
出来るだけキレイな状態に手入れをしたり、衣服であれば洗濯などもしておきましょう。それだけで、査定価格に差が出る場合もあるようですよ。
さらに衣服であれば、「これからの季節に使用するもの」ほど買取価格が良い場合もあります。需要があるほど値打ちはあるのは当然なので、お急ぎでなければ時期をみてゆっくり手放しても良いと思いますよ。

家電の場合は、説明書や保証書があるようであれば揃えておくのも大事です。
もし自分がリユースとして購入する場合、説明書があったら設定や設置もスムーズだし、故障時の対応も安心ですよね。本体が無くなってしまえば捨てるほかないものですので、一緒に引き取ってもらっちゃいましょう!箱もあれば言うことなしですね!

注意してほしいのが、出張買取でも持ち込み買取でも、18歳未満及び高校生以下からの買取はしないのが一般的です。身分証明書が必要になりますので注意しましょう。

▼いよいよ不要な資源から臨時収入!

私が利用した例では、不用品を買い取ってもらった分の臨時収入で、某テーマパークリゾートのチケットを購入しました!
人気で有名なテーマパークは年々値上がりしていて・・・あまり気軽には行けない存在となってしまっていたのですが、不要なものから得た収入とあれば、遠慮なく楽しむことが出来てとてもよかったです!
余った資金で、いつも気になっていた値の張るメニューをディナーに食べたり、お土産も手に入れて大満足でした!