自己破産をする時はまず弁護士事務所で相談してみましょう

家族や知人に内緒でお金を借りていて、返済できずに困っている人は意外に多いのではないでしょうか。誰にも相談できずにいるうちに、返済額が高額になり、元本は返済できずになんとか利子だけ返しているなんてい人もいるでしょう。

借金を返済できなくなった時の解決策として、債務整理があります。たとえば返済方の仕方や返済額を減らしてみても、やはり完済するのは難しいという場合は、この方法がお勧めです。債務整理には大きく分けて、借金額を圧縮して一定期間内に返済する任意整理と、裁判所に申し立てをして、借金そのものを帳消しにする自己破産があります。前者はある程度の定収入があるとか、車やバイクを売ってお金を作れる人、後者は収入が少ないとか売却できる物がない人に向いています。

ただし債務整理をすると、新たなローンやクレジットカードが作れなかったりというデメリットがあるので注意しましょう。特に自己破産の場合は、申し立ての後免責が下りた時点で借金がなくなるのはメリットなのですが、その一方で官報に氏名が載ったり、銀行のカードやローンの利用が10年間できなくなったりします。官報に目を通す人は限られますが、闇金業者がその欄をチェックしていて、融資の葉書を送ったりしますので気をつけてください。また、職業によっては、一定期間つけないものもありまので、しっかとした専門家に相談する必要があります。

自己破産を決めたら、まず弁護士事務所に行って相談をし、受任通知を借入先に発送してもらいます。これで督促が止まりますので、後は必要な書類を提出したうえで、免責が下りるのを待ちます。司法書士でも引き受けてもらえますが、弁護士の方が免責が下りるのが早いといわれており、また司法書士のように金額面での限度がありません。費用は事務所にもよりますが、30万円から40万円ほどです。一括で払えない時は分割にしてもらえます。

まずは無料相談から始めてみませんか?匿名相談などを受け付けているところもありますので、軽い気持ちで相談できそうです。

色々な体験談を聞いてきましたが、みんなが一様に口するのが、一歩踏み出して相談してみてよかったという声です。