実家の母が介護施設に入るため、専門業者に生前整理を依頼

数年前に父が他界した後、実家では高齢となった母が一人で暮らしていましたが、ついに介護施設に入居することとなりました。
母はもともと片付けや整理整頓が苦手で、父が亡き後は、遺品整理もろくにできず、家の中はかなり散らかった状態でした。施設入居前に、私と妹とで、母の意向を聞きながら、生前整理を兼ねて断捨離を行いましたが、母は物を捨てたがらないので、なかなか片付きません。私も妹も、他県に住んでいるため、頻繁に実家を訪れるわけにもいかず、中途半端な状態のまま母は施設へと移っていきました。

 
実家は借家なので、誰も住んでいなくても家賃が発生し、母が戻ってきてまた暮らすということも考えられなかったため、思い切って全て片づけ、引き払うことにしました。全て処分するとなると、素人が片づけるのは大変で、専門業者に頼んだ方がスムーズに進みます。思い出深い品や価値のありそうなものだけ選り分けて、残りは業者に依頼することになりました。

 
同じように、実家を片付けたという知人に体験談を聞くと、業者によっては、不用品を買取してくれることもあると聞き、生前整理と買取を同時に行ってくれる業者に依頼しました。家具は古い物ばかりだったので買取ってはもらえませんでしたが、父の書籍や家電は多少の値段が付き、助かりました。特にリサイクルが義務付けられている冷蔵庫や洗濯機は処分にかなりの費用がかかるので、買取金額が低くても大きな違いになります。
最近では、買取に積極的な整理業者が増えているそうなので、見積もりの際には、買取についても確認しておく必要があると感じました。