アガリクスの機能性成分とその効果について

アガリクスは英語でAgaricusと表記します。ブラジル原産でハラタケ科ハラタケ属のキノコの通称です。日本名をカワリハラタケといいますが、別名として、ヒメマツタケとも呼ばれています。学名はAgaricus blazei Murrillです。

アガリクスに含まれる機能性成分ですが、多糖体であるα-グルカン、β-グルカン、β-ガラクトグルカン、キシログルカン等が発見されています。水溶性の食物繊維としても知られている成分です。

上記の多糖体に着目した免疫機能に関する研究において、アガリクスを摂取すると、抗がん剤投与後にナチュラルキラー細胞の活性が高まることが確認されています。

その他、脂溶性成分であるエルゴステロール(ビタミンD前駆体)も含まれている事が確認されています。エルゴステロールには、ガン細胞等の腫瘍の血管新生を阻害する作用が認められます。そのため、抗腫瘍作用がある可能性が指摘されています。

アミノ酸の一種であるγ-アミノ酪酸(GABA)も含まれています。生理作用として、腎機能や肝機能の活性化、アルコール代謝の促進、血圧降下等が挙げられます。ギャバの血圧を下げる効果が特定保健用食品においても認定されてもいます。

以上のように、アガリクスに含まれるおすすめの機能性成分とその効果に関する様々な研究結果から、アガリクスには免疫力を高める効果や抗腫瘍作用についての効果が期待されています。アガリクスは、健康食品の原料として注目されており、健康補助食品としてサプリメント等に加工販売されています。