20代前半で高級カバンを買って良かった理由。

私は営業職をしている28歳のサラリーマンです。

私は、23歳の時にブランドもの高級バックを購入しました。社会人なりたての23歳にしては、少し無理をしたと思います。高級カバンを購入しすると決めていたわけではなく、立ち寄った百貨店でその高級バックに出合い、私は一目ぼれしました。20万円以上するその高級カバンを思い切って購入しました。

28歳となった今でも、そのかばんをビジネス用として使っており。本当に買って良かったなと思っています。良いカバンをビジネスの場で使用すると良いことがたくさんあります。

ひとつ目は、その高級カバンを持ち仕事をしているとモチベーションが上がります。
ふたつ目は、人からの見られ方です。特に私の様な営業という仕事は、見た目はとても重要です。顧客から「良いカバンを使っていますね」とほめていただくことも。また「若くで良いものを持っている=仕事ができる人」と思ってもらえる機会もあると思います。

使い心地もとても良いです。はじめの方は、革が少し固かったですが、使っていくうちに馴染んでいます。購入時より、今の方が使い心地が良いです。多くの同僚が、ビジネスバック・トランクを複数回買い換えていることを考えても、23歳の時の思い切った購入は良かったなと思っています。

手入れも定期的にして、愛着も沸いています。今となっては、私の仕事の「相棒」の様な存在になっています。

革製の高級カバンのデメリットはひとつあります。それは「重たい」ことです。長時間歩く営業マンからすると、重たいのは嫌だと思います。ただ、重たい分、存在感もあります。どっちを選ぶかは、人それぞれですが、私は存在感を選んでいます。