社用車としてアルファードをカーリースするメリット

トヨタの最高級ミニバンアルファードは広々とした室内と豪華な内外装、乗り心地の良さなどが魅力で、法人の社用車としても人気があります。ただ、新車価格は諸費用やオプションを含めると最も安いグレードでも400万円以上からとなってしまいかなり高額です。そのため購入ではなく、アルファードの法人リース契約を結ぶ法人が多くなっています。

カーリースにはいくつものメリットがあります。まずローンで購入するのに比べて月々の支払を安く抑えることができることです。これはリース契約満了時の残価を新車価格から差し引いて支払っていくことになるからです。たとえば、アルファードの3年リース契約を結んだ場合、3年後のアルファードの買取価格を新車価格から差し引き、その残りを3年にわたって支払えば良いので、全額をローンで支払う購入に比べると、月々の負担額を大幅に軽減させることが可能になります。しかも、リースは経費で落とすことができるので、節税対策の意味でも会社にとってはメリットがあります。

リース契約が満了した後は、新しい車に再契約することで、常に新車を乗り続けていくことが出来るのも大きな魅力です。購入した場合は経年劣化により性能が悪化したり、故障が発生しやすくなったりますが、カーリースでは常に新車を乗り継ぐことができるので、故障の心配がほとんどないのはもちろんのこと、最新性能の車を乗り続けることが可能です。

このように社用車としてアルファードを導入するなら、購入よりもカーリースがおすすめです。